ならず者青年漂流記

差し詰め元ニートの手記

シマノ派の私がダイワ20タトゥーラSVTWをレビューしてみる

time 2020/08/17

シマノ派の私がダイワ20タトゥーラSVTWをレビューしてみる

ロープロリールは主にシマノのベイトリールを使うことが多いのですが、ダイワの20タトゥーラがあまりに良いという話をたくさん聞くので試しに使ってみようと思います。

購入に至るきっかけ

夏は毎年そうなんだけど、気温が上がってトラウトが釣れなくなる。

だけどアングラーはけっこう見かけるようになって余計に魚はスレていく。

どこに行っても鬼スレなポイントが多くなり、

スレる程投げるルアーはどんどん軽くなっていきます。

スプーンの場合より小型で、ピッチの早いものが好まれますが、2.5gとか3.5g位のルアーを快適に投げられるリールとなると限られてきます。

飛びすぎ注意の17スコーピオンBFS、しかし・・・

今のところ私の使っているリールで軽量ルアーの飛距離が一番出る機種はコレ。

「ちょっと飛びすぎじゃない??」ってぐらい飛びます。

ただし、一点だけ気になるところがあります。

それが巻き心地です。

何と言ったらよいのかギアが回ってる感覚が凄く気になります。

軽いルアー程すごくスローなリトリーブをするので巻いた感触はとても大切です。

そんなことを考えていたところ今回の20タトゥーラに出会いました。


TATULA SVTW 103SHL+マイクロキャストスプール

今回届いたリールはハイギアの左ハンドルモデル、

それとRAY′s STUDIOのマイクロキャストスプールです。

20タトゥーラははコンパクトでパーミングしやすいデザインです。

ひとまずベアリングとかは追加しないでスプールだけ替えてキャストしてみようと思います。


率直な感想

ハッキリ言ってすごくいいリールです!

箱から出した状態でまず巻き心地がとてもなめらかです。

早速、キャストしに行ってきましたがスプールを替えたのもあって軽いルアーの飛距離も出ます。シマノのリールにはない独特のキャストフィールと言いますか、うまく言い表せないのですが「軽い力で遠くに投げることができる」感じがします。

これで2万円を切ってるってのが正直驚きです。


down

コメントする




記事を書いてる人

D.A(だ)

D.A(だ)

現職は会社員兼レトロゲーム収集家。趣味はアクアリウムとフィッシング。2020年1月はてなブログより移籍。

最近のコメント