ならず者青年漂流記

差し詰め元ニートの手記

20タトゥーラの分解とベアリング追加したけど失敗だったかも

time 2020/08/29

20タトゥーラの分解とベアリング追加したけど失敗だったかも

以前ダイワの20タトゥーラのレビューをしました。

巻き心地やルアーの飛距離など

どれをとっても素晴らしいリールだったので、今回は分解してベアリングの追加を行おうと思います。

最初の注意点:自身がないなら開けない方がいいかも

と言うのも、

最終的に元には戻ったので結果オーライかもしれないけどハンドルの巻きが一時的におかしくなってしまいました。

今回は一応ハンドルノブの2か所とウォームシャフトに2か所はいっているプラスチックのカラーをベアリング(全て740ZZ)に替えましたが思ったより恩恵を感じられませんでした。

むしろいろいろなリスクを考えるといじらない方がよかったかも

この20タトゥーラは純正の状態で十分高性能だと私は思いました。

それもはじめに伝えた上で分解の記事を書いていきます。



ハンドルノブのベアリング追加

ハンドルノブに関してはどんどん替えちゃっていいと思う。

失敗することはまずないでしょう。

てこの原理でハンドルキャップを外します。

この時直接ドライバーを入れると傷がつくので布等を使うときれいに外せます。

分解した図

すでに1つベアリングを入れてくれてます。

なので本体側の黒いカラーをベアリングに交換。

ついでにグリスがギットギトなのでブレーキクリーナーで落とすとより回転がスムーズになります。


本体の分解とウォームシャフトのベアリング追加

次に本体の方を分解していきます。

全体的に緩み止めがガッチリついてますのでビスを外すのが最初は固くて回すのに苦労しました。

まずはハンドルのリテナーを外してナットを緩めます。

ナットは10mmのやつで開けられます。(シマノと一緒!)

ハンドルを外すとこんな感じです。

後で戻せるように写真を撮っておこう。

次にブレーキダイヤル側のカップを分解していきます。

スプールも邪魔なのでよけといてください。

最初はこっち側からEリングを外してウォームシャフトにアクセスしようと思ったのですが固くて外せない。

一旦諦めて逆側のカップを開けます。

こっちのEリングを何とか取ってギアを持ち上げると・・・。

ウォームシャフトのカラーが出てきました!

これをベアリングに交換します。

さっき諦めた方のEリングも外せました。

こっちもベアリングに交換!

ウォームシャフトのベアリングを2か所替えられるのはうれしいです。

私の持ってるシマノのベイトリールはあらかじめ片側の1か所しかカラーが入ってません。もっと上位の機種なら2つ入っているかもしれませんが・・・。

down

コメントする




記事を書いてる人

D.A(だ)

D.A(だ)

現職は会社員兼レトロゲーム収集家。趣味はアクアリウムとフィッシング。2020年1月はてなブログより移籍。

最近のコメント